Lucky Diary

子育てとIBS、時々生活。

Amazonプライムワードローブを使ってみた

靴選び、難しいですよね。(前回と大体同じ出だし)

試着できるAmazonのサービスを使ってみましたので書いておきます。

 

 

喜んだのも束の間…

前回、子供の足幅が狭い話をしました。

sankakupon.hatenablog.com

 

 

足幅が通常に近づいてきたので靴が通常サイズになって喜んでいたのですが、

今度は足幅狭い子用の上靴が合わなくなってしまったのです。

上靴探しにまた悩むことになってしまいました…。 

 

合う上靴探しの旅

またしても足幅が狭い子用の上靴を求めてネット検索。

瞬足の上靴や、現在履いているムーンスターキャロットの上靴、ムーンスターのリトルスターが狭い子に合うかもというのを見つけました。

キャロットの1Eは買った時点でも少し狭い気がしたのでワンサイズ上げたのですが、どうしても合うものがなければまたサイズ上げて買おうかなと決めました。

ただ、ゲンキキッズ店頭限定販売なので遠くの店舗に行かなければいけないため、気軽に試着には行けない…。

ということで、キャロットの2EならASBeeにもある(ネットで在庫検索できる)し、瞬足はABCマートにあるかも?(ネットショップにあったので)と近所の店に行ってきました。

しかしABCマートには上靴自体取り扱っていませんでした。

 

キャロットの2Eは15cmからの取り扱いだったので、それ以下だとゲンキキッズくらいなのかな…と思いつつ試着へ。

14.5cmの靴を履く子供にはブカブカでした…。

 

瞬足は少し遠い靴屋にはありましたが、16cmからしかなく、それ以下を取り扱う店を見つけるのは難しい…。

後でデパート行けばよかったと気づきましたが、既に疲れてしまいました。

 

そんなわけで(前置き長すぎ)、Amazonを見ていたらプライムワードローブを見つけたのです。

 

Amazonプライムワードローブを申し込んでみた

Amazonでは、靴の返品交換が30日以内なら無料です。

一方、プライムのサービスであるワードローブは6点まで試着可能、気に入ったものは購入、残りは返品というサービス。

7日間試着でき、試着時点では無料、返送料も無料です。

購入するものだけ返品手続きと同時に支払い手続きをして、初めてお金を払うことになります。

 

どちらがいいか迷いましたが、

  • ワードローブは試着・返品前提ということ=返品の罪悪感が減る
  • 返品前提の専用ボックスに入って送られてくること
  • 返品用の着払い伝票もついてくる=返品の手間が減る
  • お金を払って戻ってくるよりも選んだものを後で払った方が気分的に楽
  • 夫がAmazonプライムを使う気になった

 

という理由から、プライムワードローブを使ってみることにしました。

 

使ってみた

申し込んで2日後、到着しました。

ワードローブ専用ダンボールです。

f:id:sankakupon:20200905211200j:imagef:id:sankakupon:20200905211220j:image

送付時と返品時で蓋をする面が変わるようになっていて、送り状添付欄があります。

返品用にテープもついています。


f:id:sankakupon:20200905211254j:image

 

f:id:sankakupon:20200905211313j:plain

返送手続きのリンクが書いてあります




送り状も送り先が印字された状態で入っていました。

自分の住所を書かないといけませんが、それでも気分が楽です。

送られてきたものリストも入っていて、一緒に返送してくださいとのことでした。

 

試着結果

アシックスも良さそうですが、まだマジックテープをちゃんと止められないのでバレータイプに絞りました。

こちらの2種類を14~15cmまで2~3サイズずつ申し込みました。

 

 

試着の結果、ムーンスターキャロットの14.5cm(2E)になりました。

まだ狭めとのことだったので瞬足の方が合うかと予想していましたが、瞬足はベルトがキャロットよりかなり短く、伸びないように思いました。

履いてみるとぴったりかもしれないけど、一人で着脱するには力が要りすぎるので、無理だと思いました。

幅が狭いともっとスルッと入ると思われますが、微妙な足幅だったということでしょうか…。

 

ムーンスターの方は少し踵とベルトが浮いてるかも?と思いましたが、幅は合っていそうでした。

ちょっとモヤモヤしますが、自分たちで試着しているので、合っていないのか心配しすぎなのかよくわかりません…。

その点ではお店で聞く方がいいと思います。

 

ちなみにムーンスターのリトルスターはAmazon自身からの販売がなく、ワードローブ対象外で返品も無料でできないので諦めました。

 

ワードローブは便利

買うものが決まれば、返品と購入の手続きです。

注文履歴から行います。

同封の封筒にもQRコードがあるので、すぐに手続きができるようになっています。

注文履歴のワードローブから購入か返品か、そして理由を一つずつ選んでいきます。

購入を選ぶと値段も改めてわかりますし、決済方法も確認されるので安心感がありました。

あとは返品のダンボールに封をして送り状を貼り、コンビニエンスストアや店舗に持ち込むか、集荷依頼をして送れば完了です。

私の場合はヤマトでした。

 

靴や服は実際に見たり試着しないとわからないことが多いので、気軽にサイズや色違いを試着比較して返品できて、とても便利なサービスだと思いました。

子供は怖がりで、靴屋を嫌がることも多いのですが、テレビを見ている間に試着させることができましたし(笑)、お店の雰囲気に機嫌が左右されることなく選べるのはよかったです。

(実際ASBeeに行った時は某スーパーマーケット内のお店で、立体駐車場のエレベーターホールが怖くて帰りたいと泣いておりました…。)

 

合っているのか見てもらえないのはデメリットですが、取扱店が近くにない、見つけられない、という場合もあるので、実際に手に取れたということの方が大きかったです。

 

追記:スマートフォンの写真をアップすると文字が見えにくくなってしまうようです。

見づらくて申し訳ありません。